便秘 ツボ

薬やツボ押しに頼らなくても、便秘は自然に治すことが可能です!

便がなかなか上手く出せない…。お腹が張ってツラい…。このような悩みを持つ方は多く、便秘は特に女性に多い悩みです。便秘に悩む方は年々増加傾向にあり、今では5人に1人が便秘についての悩みを持っていると言われています。そして腹痛や腹部の張りに悩まされているワケです。

その便秘の解消法として手軽なものだと、ツボを刺激して腸の活動を活性にするという方法が人気です!自力で出来る解消法なので、誰にでも簡単に出来るし、お腹が痛くてどうしようもない!なんて時にもピッタリです!

便秘薬を使うという手もありますが、薬には腹痛などの副作用や依存してしまうというリスクがあるのであまりお勧め出来ません。そしてもっと言えば、このツボ押しに関しても人によっては効果が全く感じられないことだってあります。必ずしも効くというものではないんです。

もしツボを刺激しても効果が無かったという人は、健康食品を頼ってみるのがいいと思います。体の内側から便秘を解消しいくので、一見時間が掛かりそうですが、その効果も実は早くて、しかも副作用などもないんです!

慢性化している便秘にも効果があるので、便秘をしっかりと改善していきたい人にもこの方法はお勧めです!手間や時間が掛かるものでもないので手軽に始められて、その効果もバツグンです!

当サイトでも便秘解消に効くと評判の健康食品を紹介しています。薬のように副作用が出ることもなく、年齢を問わずスグに始められます。どうにかしたい…!とお悩みの方は、試してみてください!

今流行りのプチ断食とは?便秘を解消できるのか?

プチ断食という言葉が使われてきたのは、近年に入ってからです。断食と聞くと、何日も食事を断ち、かなりキツいもので、お寺などで修行のために実施されているようなイメージがありますし、体に良くないのではというマイナスイメージがあります。しかし、このプチという言葉がつくだけで、手軽にできて、簡単そうというイメージに変わります。健康にもさほど影響はないのではないかというイメージが持たれて、断食にあった負のイメージを払拭できます。言葉とは不思議なものです。

少し脱線してしまいましたが、ここでテーマにするのは、プチ断食が便秘の解消の役に立つのかということです。プチ断食はダイエットには効果があるとされますが、便秘に効果があるかどうかわからないと考えている人が多いです。食べ物を食べないと便ができないので、便秘の解消につながらないと思っている人が多いのです。

プチ断食の概要ですが、完全に食事を断つ断食と違い、例えば、朝食のみを抜くものや、週末だけ何も食べないようにすると言った一部の食事制限のようなものです。これをやると、最初のうちは便秘気味になったり、症状が悪化する場合もあるとされています。ですが、プチ断食は長期間続けることで、便秘に対して改善効果があることが分かってきました。

断食などによって、腸に食べ物が行かなくなると、私たちの体は空腹を訴えるようになります、その際、腸は収縮と弛緩を繰り返し、腸内の便を排泄しようと働きます。便秘の場合でも、同様のことが起こるので便秘を解消する(正確には、腸内の便をなくす)ことに効果があります。また、その状態でさらに断食を続けると、排泄されるべき便がなくなり、細胞の残骸だけになるため、便の質が変わります。色が緑だったりした場合には、腸内に便が残っていないことを表しています。

ただし、このプチ断食には注意点もあります。まず、断食するのは食べ物だけにとどめること。水分補給はその間もしっかり行うことが必要です。加えて、栄養素が不足しがちになるので、食べる時には、足りない栄養素を補うバランスのとれた食事をする必要があります。

更年期に便秘で悩むあなたに!適切な対処法を伝えます

更年期に便秘になるという人は、どうしてそうなるのが知っておく必要があります。そして、更年期の便秘を解消するにあたって、便秘薬の使用を避けるべきであるという事実も理解しなくてはいけません。ここでは、その二つについて、仕組みを解説していきます。

更年期とは、閉経の前後約10年間の時期を総称してこう呼びます。具体的な年齢は、およそ45歳から55歳までのあいだであることが多いですが、個人差もあります。この時期になると、体内のホルモン分泌量が減少して、肉体のバランスが変化します。このバランス変化の過程で便秘の症状が現れることがあります。体内バランスの変化によって起きるものなので、意識的に避ける方法は残念ながらありません。更年期障害とも微妙に異なりますが、規則正しい生活リズムを維持しているとともに、日頃から腸内環境が優れていると便秘になりにくいとされています。

この時期に便秘になる種類は2つです。精神面で強い負荷がかかり、その結果起こる痙攣性便秘と、体のバランスが崩れて、腸の蠕動運動の機能が低下し、その結果起こる弛緩性便秘です。どちらの便秘であっても、便秘薬の使用は避けるべきです。その理由を次に説明します。

更年期の便秘に便秘薬の使用を避けるべきなのは、内蔵の機能に負荷をかけるからです。便秘薬というのは、朝の蠕動運動を強制的に活発化して、排泄を促すものです。通常の弛緩性便秘であれば、機能が低下している蠕動運動の働きを助け、便秘の症状を緩和することができる便秘薬ですが、更年期時の弛緩性便秘の原因は、体内のホルモンの減少による内蔵機能低下です。そんな時に、無理矢理に腸を動かす成分の入った便秘薬を飲めば、ただでさえ弱っている内臓器官に、さらなるダメージを与えてしまいます。痙攣性便秘は、そもそも刺激自体を与えることがよくありません。更年期の場合でなくても、痙攣性便秘に便秘薬を使用することは忌避されることが多いです。

更年期の便秘は薬で直すのではなく、規則正しい生活を心がけ、体内のバランスが持ち直すのを待つほうが賢明です。この時の便秘は、一過性のものが多いので、薬で無理やりなんとかしようとするのではなく、オリゴ糖などをしっかりと摂取して、腸内の善玉菌を増やすことを目指すべきなのです。

食習慣を改善するのが、更年期の便秘解消に最も適した手段です。しかし、症状が既にひどく、今更そんなことをしている場合ではないという時は、最低でも市販の便秘薬を使うのは避けることです。なぜなら、市販されている便秘薬は通常の弛緩性便秘の症状を緩和するために作られたものであり、更年期の便秘や痙攣性便秘を対象としていないからです。そのため、医師に更年期の便秘であることを伝えて、内蔵に負荷がかからない便秘薬を処方してもらうことを勧めます。

便が詰まると貧血を起こす!?そのメカニズムと仕組みを解説

今回は、便秘と貧血の関わりについて解説していきます。便秘の時に貧血を起こすというのは、無関係ではありません。特に、トイレ内で重度の貧血を起こし、意識不明に陥ると、誰にも気づかれずに非常に危険です。貧血を回避するにはどうすればいいのかについても触れていきます。

なぜ、便秘になると貧血を起こすのでしょうか。貧血とは、血液の赤血球不足によって意識が朦朧とする貧血と、脳内の血液不足によって、意識を保っていられなくなる脳貧血に分かれます。便秘による貧血は、正確には、この脳貧血に該当します。

脳貧血といっても、別に脳に異常があるわけではありません。確かに便秘を起こすと自律神経に異常があらわれますが、この件とは無関係です。便秘の人が貧血を起こすのは日常生活内ではトイレの中だけというのが多いです。それ以外の場所では、貧血状態にはならないのが一般的です。ではなぜ、トイレの中でのみ脳貧血を起こすのでしょうか。

その原因は、排泄時の「いきみ」にあります。便秘の場合、意識的乃至は無意識的に排便時に踏ん張っていきんでいます。そうしないと排泄できないことが多いので仕方ないとも言えますが、問題は、そのいきんだ時の血液の流れにあります。トイレに座った状態でいきむと、体内の血液は下半身に集中します。下半身に力を込めるので、自然とそうなります。すると、本来脳に行くはずだった血液の一部も下半身に回されます。その結果、脳の血液が足りなくなり脳貧血を引き起こすのです。だから、踏ん張った直後に突然、目の前が暗くなったり吐き気がしたり、ふらついたりといったことが起きるのです。

脳貧血の対処法はとにかく、必要以上にいきまないことです。ある程度、腹に力を入れてみて、それで排泄できないときは、無理に粘らないこと。長時間いきめば、それだけ脳に血液が足りなくなります。トイレで意識を失うのは、とにかく絶対に避けるべき自体です。便秘云々以前に脳障害を起こすリスクがあるので、そんなことになるぐらいなら、便秘を長引かせたほうがいいと思うぐらいでちょうどいいです。特に冬場や早朝の時間帯は、気温が低くトイレ内が寒いので、事前にトイレを温めておくか、長居をしないことが大切です。

女性の大敵、便秘による肌荒れを防ぐ手軽にできる対処法

便秘による肌荒れに困っている女性について、今回は考えていきたいと思います。便秘と肌荒れに何故、密接な関係があるのでしょうか。便秘の女性の中には、肌荒れとは関係ないという人もいますが、残念ながら、便秘の症状が悪化すると肌の質が悪くなるのは事実です。その因果関係についてと、肌の質を保つためにはどうすればいいかを解説していきます。

便秘によって肌荒れを起こす原因は主に3つあります。自律神経の乱れによる肌への悪影響。便秘に悩まされているというストレスによる肌に質低下。便秘による腐敗ガスが細胞に運ばれて起きる肌荒れ。この3つです。中でも肌荒れにとって深刻なのはこの3つ目のガスによる肌細胞の問題です。ここでは、特にこの3つ目に焦点を当てて考えていきます。

便秘が肌荒れを起こすメカニズムについてです。便秘を起こすと私たちの腸の善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。この悪玉菌は、アンモニアやアミンといった有害物質を生成する力があります。また、同時に腸に溜まっている便は長時間排泄されないと、次第に腐っていきます。この腐敗した便は有毒ガスを出すようになります。有毒ガスといっても、人体を危険にさらすほどの毒性はありません。しかし、このガスは発生した後、腸内の細胞壁に吸収されます。そして、血液(血管)を通って全身に行き渡ってしまいます。

一方、肌の細胞というのは、肌の汚れを落としたり、体温を調節するために水分を放出する働きがあります。この肌細胞に栄養を運んでいるのは血液です。この血液に、先ほどの有毒物質が含まれていると、それが肌細胞に作用して、肌の状態が悪くなるのです。これが、便秘による肌荒れの原因です。

では、この対処法はどうすればいいのでしょうか。肌荒れの原因となるのは、ストレスと先ほどのガスです。どちらの便秘が原因なので、便秘さえ治れば問題ありません。しかし、なかなか治らないという場合、腸内の悪玉菌を減らすことを考えねばいけません。悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やせばいいのです。善玉菌の餌は乳酸菌、オリゴ糖、納豆菌などですが、この中で肌荒れに対して効果的なのは乳酸菌です。善玉菌を増やすと同時に、肌自体にもケアを行うことが望ましいです。乳酸菌のもととなるビフィズス菌を効率よく摂取するには、ヨーグルトなどの乳製品が一番適しています。

排便できない悩みを解決!善玉菌の増やし方と腸内のメリット

便秘を解消するためには、町内の善玉菌を増やすのがいいと言われていますが、人間の腸内はどんな状態になっていいるのでしょうか。今回は、善玉菌と悪玉菌の関係を説明した上で、善玉菌を増やすとどうなるのかについて説明していきます。

人間の腸内に存在する細菌の数は、およそ100兆個とも言われています。その中で、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分かれています。それぞれの数はバラバラですが、全体の総量は一定を守っています。簡単に言えば、全体を100として善玉菌、悪玉菌、日和見菌が20:10:70でいるとき、善玉菌が25に増えると、その分、悪玉菌と日和見菌は7と68に減るといったメカニズムです。

さて、これらのことから分かるのは、腸内の善玉菌の比率が高い時が、健康に良い状態で、逆に悪玉菌が高いときは健康に良くないという状態だということです。日和見菌はその名のとおり、中立の立場の菌で、善玉菌が多い時は悪さをしません。ただし、悪玉菌が多くなると、悪玉菌として活動するようになってしまいます。そういう面では、悪玉予備軍といったところでしょうか。

善玉菌はビフィズス菌と納豆菌、乳酸菌の3種類です。善玉菌は腸内環境をよくします。具体的には免疫の向上、ビタミンを合成します。悪玉菌は大腸菌、ブドウ球菌、知られていないところではウェルシュ菌です。悪玉菌は腸内環境を悪化させます。また、毒素を作り出します。アンモニアやアミンなどです。また、大腸がんの原因になる場合もあります。

善玉菌や悪玉菌を増やすのは、それぞれの好物を摂取することによって数が変わります。善玉菌の好物は食物繊維です。便秘に食物繊維が良いとされるのは、善玉菌を増やすことで、腸内環境を改善できるからなのです。また、オリゴ糖も好物です。オリゴ糖は食物から摂取することが基本ですが、サプリメントなどから摂ることもできます。悪玉菌の好物は肉類全般です。便秘の場合、肉類を制限するのは、悪玉菌を増やさないようにするためです。また、肉の食べ過ぎは、便秘でなくても腸の状態を悪くするので、バランスの良い食事が大切です。

善玉菌は便と一緒に排泄されてしまうので、一見すると増やす意味がないように思えますが、善玉菌を増やす本当の目的は、悪玉菌の数を減らすことにあるので、問題ありません。善玉菌は増えて困ることは何もないので、食物繊維やオリゴ糖は大量に摂取して、悪玉菌をどんどん減らすことがいいです。納豆は、善玉菌の餌になる納豆菌と食物繊維を多く含んでいるのでおすすめできる食材です。

下剤が効かない便秘、どうすれば治せるのか?症状と対処法を解説

便秘でどうしてもベンが出ないときの最終手段として、下剤の服用があります。しかし、この下剤が効かないという便秘患者も実際にいるのが現状です。なぜ、下剤の効果がないのでしょうか。今回は、考えられる原因と対処法について考えていきます。

下剤は、便を柔らかくすると同時に、腸に排泄を促す成分を含んでいるので、通常の便秘であれば、多かれ少なかれ便秘の症状は改善されます。ところが中には、下剤の効果が全く見られないケースがあるのです。考えられるケースはいくつかありますので順番に考えていきます。

まず、弛緩性便秘で下剤が効かないパターンです。弛緩性便秘は、腸の活動が低下しているので通常の刺激性の下剤を飲めば、排泄できるようになるのがほとんどです。しかし、下剤の服用が日常化している場合、つまり、長い期間便秘に悩んでおり、そのあいだずっと下剤を飲んでいるケースが問題になります。

腸が刺激に対して抵抗力が出来てしまい、下剤で腸を刺激しても反応がなくなり、効果が現れなくなります。この場合、腸が強くなりすぎていることが問題です。下剤の使用を中止して、医師に相談しましょう。下剤は効果を弱い薬に切り替えていくことを勧められると考えられます。同時に食生活を見直すことが必要になってきます。基本に忠実に食物繊維を摂取して、徐々に腸の状態を元に戻す治療になります。

次に痙攣性便秘の場合、下剤が効かないどころか、腹痛などの症状が現れることがあります。便秘の種類によって、適切な薬があるので、市販されている下剤を購入する前に、便秘になった原因を特定しましょう。痙攣性便秘の場合、下剤を使うより、ストレスを解消して、自律神経の安定を図るのが最優先になります。これらを実行できれば、下剤などに頼らずとも便秘を解消できます。

最後に重大なケースについて書いておきます。便秘を起こして下剤が効かないという症状だけでなく、例えば、非常に強い腹痛や下血、痔でもないのに便に血がついていたといったケースです。これらが複合して現れた場合、症候性便秘である可能性があります。症候性便秘とは、便秘が主症状ではなく、ほかの病気の合併症として便秘になっているケースです。有名なところでは腸閉塞などが当てはまります。症候性便秘は、その多くが強い腹痛を引き起こします。すぐに医者に診断を仰ぐ必要があります。場合によっては手術になります。このケースでは、放置するのは非常に危険なので、自覚症状をしっかりとチェックしましょう。

体操をしたら、便秘が悪化?知られていない体操のリスクとは?

便秘になった時に体操をすることで症状を改善しようとするのは問題ないように思えます。実際、多くの便秘の原因は、腸の蠕動運動の機能が落ちているからなので、体をひねるようなストレッチや体操をすれば、症状がよくなるケースが多いです。では、逆に体操をしてはいけない便秘というのはあるのでしょうか。今回は、それについて解説していきます。

便秘の中でも、体操やストレッチをすることで、逆に症状が悪化する便秘は存在します。便秘にはいくつかの種類があります。原因によって定義分けされているのですが、体操やストレッチなどが効果を発揮する便秘は「弛緩性便秘」と言われるものです。便秘で悩んでいる人のほとんどがこの弛緩性便秘と言われているので、通常は体操をして腸を刺激するのは良いことなのですが、これがマイナスに働くタイプがあります。

体操などで腸に刺激を与えることで症状を悪化させるのが「痙攣性便秘」というタイプの便秘です。このタイプの便秘は、主に、強いストレスや緊張がかかった時に発症するもので、旅行などで突然便秘になるのは、このタイプが多いです。痙攣性便秘は医学的には過敏性腸症候群と訳されます。要するに、腸が刺激に対して敏感になっている状態で、その時に腸に刺激を与えると、症状が悪化するというわけです。

体操は、便秘全てに効果的だと判断するのは早計です。自分が便秘になったら、どのタイプの便秘であるかを把握して、最適な治療法を実践することが必要です。食物繊維と水分をとることは、どのタイプ便秘にも効果的なので、まずはここから試すのがいいでしょう。

便が詰まるのは食物繊維が足りないとき!青汁による体質改善法

便秘の解消には食物繊維が有効だということは分かっているけれども、なかなか食物繊維ばかり取ることができないという人も多くいます。料理に使いにくい食材だったり、単純に好き嫌いの問題だったりと理由は様々ですが、食物繊維は確かに摂りにくい栄養素であることも事実かもしれません。

そこで、そんな人にすすめる食品は、「青汁」です。青汁には、食物繊維をはじめとして、日々の足りなくなりがちな栄養素が多く含まれています。ですが、青汁と聞くと、苦くてまずそうというイメージが未だ強く残っています。かつての青汁は、野菜特有のえぐみをうまく処理できていなかったので、味に期待はできませんでした。市販されている野菜ジュースなどの方がよほど美味しいと考えられてきました。

しかし、青汁の栄養素の高さは野菜ジュースの比ではありません。最初こそ心理的な抵抗もあるでしょうが、便秘解消や健康維持のためであれば、青汁を飲むことを強く推奨します。

青汁の栄養素は、体内にうまく吸収されるように調整されており、同じ量の栄養素を取ろうとしたら、膨大な量の野菜を食べなくてはいけません。しかも、野菜は調理過程で、どうしても一定量の栄養素が失われてしまいます。しかし青汁は、その心配がありません。栄養を確実に吸収できるのです。

青汁を買う段階になって、その種類の多さに驚くことがあると思います。青汁は、種類によって含まれている栄養素が違います。自分に足りない栄養な何かを考えて購入するのが理想です。青汁の役割は、日々の食生活で足りていない栄養を補うことです。

排便できないときのビオフェルミン、子供にも使える?

子供の便秘で医者に行くと、たいていは薬の処方ではなく、食習慣を変えることを勧められます。これは、子供の方が、腸内の乳酸菌活動が活発であるからだと考えられる他に、便秘薬の副作用が子供に危険であるからという理由があります。その中でも、ビオフェルミンについて考えていきます。

このテーマを突き詰めていくと、ビオフェルミンは子供にも使えるのかどうかということになります。結論を先に書くと、「使えるものと使えないものがある」ということになります。煮え切らない結論ですが、これが事実です。

ビオフェルミンが持つ役割は、腸に働きかけるものですが、製薬会社が販売しているものは2種類あり、このうち子供に使用できるのは整腸作用のある薬のみです。これは、腸内の乳酸菌を増やし、善玉菌の繁殖をさせやすい環境を作ることを目的としています。副作用がほとんどなく、効果もさほど強くないため、幼児にも使うことができます。ただし、この薬のデメリットは、効果を実感できるまでに一定期間の服用を義務付けられることと、即効性がないため、飲み始めに症状が改善することがないということです。

一方、ビオフェルミンの便秘薬というジャンルもあります。こちらは即効性があり、効果も強いので便秘の症状をいち早く抑えたいという人が利用します。ですが、これはあくまで「症状を一時的に改善する」ということを忘れてはいけません。薬を飲んで治った気でいると、薬なしでは、排便できないといった事態になりかねません。そして、こういった便秘薬は注意書きのところに対象年齢が書かれていることが多いです。その大半は10代前半の子供は使用できないと書かれています。なぜなら、効果が強く、副作用のリスクがあるからです。

子供がこれらの便秘薬を服用した時の副作用としては、腹痛や嘔吐感、下痢といった消化器官の問題の他に、皮膚の湿疹、かゆみといった、皮膚の問題もあります。万が一、これらの症状があらわれたときは、年齢にかかわらず、便秘薬の服用はやめるべきです。便秘薬は、応急処置という側面が強いです。日常的に頼るのではなく、症状がひどい場合のみ活用するようにしましょう。

通じがない人が行うストレッチを継続するためのコツ教えます!

便秘気味の人が行うストレッチは、腸の動きを活性化させるためのものであることが多いです。そのため、ある程度の効果が洗われるまで、タイムラグがあります。ストレッチなどの運動を継続するためのコツについて、今回は簡単に解説します。

まず、あらゆるストレッチや体操の基本ですが、自分の身体能力に適した程度の運動にすることです。ストレッチなどが長続きしない一番の理由は、運動自体がきつくなってしまい、モチベーションを維持できなくなってしまうことです。最初のうちは、簡単なストレッチをやるだけにして、いきなり身の丈にそぐわない激しい運動をしないことです。

次に、ストレッチをする時間を決めることです。計画性がなく、気が向いた時だけやるようだと、同じようにモチベーションが維持できなくなります。一日休み、二日休みと徐々に休みが増えていき、最終的にやらなくなってしまいます。一日何分、どの時間帯にやるかということを最初に決めて、それをなんとしても守ることです。習慣化してしまえば、苦痛とも感じなくなります。

そして、もうひとつ大事なことは、結果を過度に期待しないことです。せっかく継続しているので、ある程度の結果が出ないと、やっている意味がないと判断してしまい、途中で投げ出しやすくなってしまいます。効果があればラッキーぐらいに考えて、ストレッチそのものが健康に良いと思って継続すれば、途中で放棄することも減ると考えられます。

便秘解消のストレッチに限らず、このような体操は、即効性のあるものはほとんどありません。重要なのは、継続していることです。続けていれば、方法が正しいのであれば、効果は必ず現れてきます。ですが、途中でやめてしまえば、それまでやってきたことは確実に無駄になります。どちらが効率的かは言うまでもないでしょう。